前へ
次へ

損はしたくない離婚問題

離婚問題に損得を持ち出すことはいかがなものでしょうか。
しかし現実問題、得をする離婚問題の解決により、後悔しないセカンドライフを実現している人も沢山います。
例えば、熟年世代では、夫の定年退職を契機に離婚手続きをするケースがあります。
妻は、現実を受け入れていて、慰謝料や財産分与の額も熟知しています。
事例を収集している妻もいるようで、将来の夫の退職金の二分の一を停止条件つきで命じた話も収集しているようです。
損得を理解しての準備は妻だけに言えず、夫にもあります。
実際、年末に離婚することが損である話も耳にしました。
税法が絡むのですが、大晦日に籍を抜いてしまうと、妻の配偶者控除が受けられません。
しかし、元旦の届け出なら配偶者控除が受けられるのです。
たった一日の違いで、数万円から数十万円の税金が節約できます。
一月まで引き延ばして得する男、こうした格言もあるようです。
このように、慰謝料、財産分与、税金などの離婚給付に関してはしっかりリサーチしておきましょう。

Page Top