前へ
次へ

離婚問題で相手の不貞行為の証明の仕方

夫婦ともなると相手のちょっとした異変に気付くときがあるかもしれません。
急にいつもしないことをし出したり、しぐさが変わることがあります。
良くあるのはいつも放置しっぱなしのスマホを常に自分の近くに置く行為があります。
スマホに見られては困る情報がある可能性があり、不貞行為の情報があるかもしれません。
もし不貞行為をしているとなると信用関係はなくなり離婚の可能性も出てきますが、はっきりした証拠が無いと話は進められないでしょう。
離婚問題において相手の不貞行為をどうやって証明するかがあります。
まずは相手に直接問いただす方法があり、それで認めればそこから話し合いをします。
一方聞いても不貞はしていないと言ってくると証拠が必要になります。
離婚問題として裁判で解決するには理由が必要で、ただ相手が不貞していると訴えてもそれが証明できなければ認めてもらえません。
有効になる証拠としては不貞が疑われる写真などになりますが、改ざんが疑われるものなどは証拠にならないので注意しましょう。

Page Top